SUNDAY

北九州・山口・福岡エリアを中心にグルメ・美容・スクール・旅行などの生活情報を発信するサンデーポータル
今週のプレゼント
サンデー通販
記事を探す

オンナの指南書

オンナの指南書

反対を押し切り結婚したものの… 実母との関係に悩む日々、どうすれば? 

 両親の反対を押し切り結婚し子供を生みました。結婚に際し両親の理解を得ようとしましたが、実母からは「不幸になる」「孫ができたら殺す」などと言われました。出産後、母は手のひらを返したように子供を可愛がってくれますが、名前ではなく「ちびちゃん」などと呼び、写真に一緒に写ることを嫌がるなど、子供の存在を否定されているようで悲しくなります。子供が物心ついたら、この状況に傷つくのでは…と心配です。(26歳女性)

価値観にとらわれず”今”を楽しめる関係を

 意思を貫きご結婚され、お子様も授かりよかったですね。また、お母様を穏やかに変えたお孫さんの存在は偉大で尊いと感じました。
 名前を呼んでもらえないのは悲しいですが、こちらの価値観を理解してもらえないのと同様、相手の価値観も十分には理解できません。もしかすると「ちびちゃん」がお母様の中で最高に愛しい表現だとしたら…価値観が違うだけの話になりますね。そして、可愛い孫であっても写真は好き嫌いがありますし、終活では写真処理が一番悩むとも聞きます。名前で呼び写真は一緒に写っても、殺伐とした間柄の方もたくさんいます。楽しそうに収まった画像が重要か?いいえ、今この瞬間に笑って楽しい関係の方が何より重要ですよね。
 父親に娘のことを「あんた」と呼ばれ苛立った経験のある私ですが、娘から「いやなら私が言うし、お母さんが私をわかっていたらそれでいい」と言われ、信頼関係を築く大切さを知りました。今回、改めて絆について考える機会をくださり、ありがとうございます。

今週の指南役

野中香奈子
コミュニケーション教室スマイルカラー主宰。才能
カラー心理学考案。看護師。笑いと言葉、色の効果で良好なコミュニケーションを育む講座を開講。