おんなの指南書

オンナの指南書

仕事を辞めて両親の介護をする毎日 本当はもっと自分の人生も楽しみたい…

夫婦二人暮らしです。実家の両親がどちらも介護が必要となり、私は仕事を辞めて介護をしていますが、終わりの見えない介護がつらいです。周りの友人が好きなことをしているのがうらやましくて仕方ありません。どうすれば介護をしながらでも自分の人生を楽しめるのでしょうか。(47歳女性)

“心からの笑顔”を見せる方法を考えて

いろいろ話し合って今回の流れに決まったことと思いますが、その時に「私さえ我慢すれば」という気持ちがありませんでしたか?介護に限らず何事も覚悟がないと後悔することになります。丸く解決するために、実は仕方なく決断したご自分を認め、そして「その時はそうするのが一番だと思ったよね。でも、譲る気持ちで“仕方なく”だったね」と、ご自身をなぐさめましょう。誰よりも、まずは自分で自分をわかってあげることが大切です。
ご自分で十分に受けとめたら、パートナーにその気持ちを伝えてみませんか。なぜなら、介護はあなた一人が抱えることではないからですよ。心は顔に表れます。ご自分に置き換えて考えたら、あなたは今のあなたに介護されたいですか。“心からの笑顔”を見せることが相手のためになります。介護がいやだからではなく「私の笑顔を見せる」という気持ちで介護方法やサービス利用・施設活用を考えてみませんか。それなら、利用も活用も前向きな行動になりますから。
介護の機会がそう遠くもない私は、あなたに介護の心構えの一歩を学んだ気持ちです。ありがとうございます。

今週の指南役

白石裕子
コミュニケーション教室スマイルカラー主宰。才能
カラー心理学考案。看護師。笑いと言葉、色の効果で良好なコミュニケーションを育む講座を開講。

女性のお悩み募集中!

小さなことや人には言えない事も…相談してみませんか?各分野の専門家がお答えいたします!
採用された方にはクオカード1,000円分 プレゼント!!
下の応募フォームの項目に全て入力して、「送信」ボタンをクリックしてください。

※本名の記載がない場合はクオカードをお送りできませんのでご了承ください。
なお、本名はクオカードの送付のみに使用し、それ以外の用途には使用いたしません。