おんなの指南書

オンナの指南書

社会保険に入らず夫の扶養でいる方が得なの? やりがいのない職場にもうんざりで……

今の職場で働いて10年。昨年、週に20時間働くなら社会保険に加入するよう言われました。しかし、社会保険に加入せず扶養内でギリギリまで働く同僚がいます。同じだけ働いても、社会保険料がある私は損した気分です。やはり年間106万円を超えても扶養でいる方がいいのでしょうか。また、店長と親しい人は優遇され、まじめな人がバカを見る職場にもうんざりです。(47歳女性)

「何のために働くのか」視点を変えてみて

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言で、相談者様の職場にも多大なる影響があるのではないかと案じています。お仕事を日々頑張っておられる相談者様には頭が下がる思いです。
さて、ご主人の扶養に入った方がよいかどうか、こればかりは他人の家庭と比べるのは簡単ではありません。どちらもメリットデメリットがあるからです。社会保険料は確かに高いですが、会社にも負担義務があります。つまり会社があなたの保険料を負担してくれているぶん、結果的にあなたが受けるメリットは多いのです。しかも、ご主人から経済的に自立して働くというのは、非常にきついけれど素晴らしいことでもあります。一方、扶養内で働き、あまった時間を有効に過ごすのももちろん大切なメリットです。
そうしてみると、「何のために働くのか」、今の仕事に「やりがい」があるのかも大切な視点ですよね。「まじめな人がバカを見る職場」というのが真実ならば、扶養内で働くか、思い切ってこれまでのキャリアを生かして転職するのも「あり」ではないでしょうか?

今週の指南役

南谷敦子
南谷綜合法律事務所代表弁護士。九州大学法学部卒。平成11年弁護士登録。医療機関、企業、家庭などの法律問題を広く扱う。

女性のお悩み募集中!

小さなことや人には言えない事も…相談してみませんか?各分野の専門家がお答えいたします!
採用された方にはクオカード1,000円分 プレゼント!!
下の応募フォームの項目に全て入力して、「送信」ボタンをクリックしてください。

※本名の記載がない場合はクオカードをお送りできませんのでご了承ください。
なお、本名はクオカードの送付のみに使用し、それ以外の用途には使用いたしません。