おんなの指南書

オンナの指南書

幼い頃から目の当たりにしてきた両親の不仲 その影響か、人付き合いが苦手で…

物心ついたときから両親が不仲で、それも影響してか、人とのやりとりが苦手です。アドバイスをお願いします。(21歳女性)

「私は違う」と信じて未来を見つめて!

確かに争いはネガティブで見ていてつらかったことでしょう。ただ、あなたの目に映っていたご両親は不仲でも、もしかするとご両親はこれがコミュニケーションだったのかもしれませんよ。不仲と捉えるか、こんなコミュニケーションの仲と捉えるかで見え方は変わってきます。そして、それを目の当たりにしてきたあなただからこそ、優しい言葉や行動がどんなものかも人一倍知っていると思います。争う姿を見て不安を感じて人付き合いに入らなかったおかげで、安全に生きてこられたこともあったかと思います。
 「こんなコミュニケーションを取るとあんな風になるんだ」という手本をご両親は見せてくれたけど、あなたはそのご両親から育てられただけで、あなた自身も、あなたがコミュニケーションをとる相手も異なるので、仮にご両親のようにしたくてもできません。争いを見て不快に感じていた自分を信じて、「私は違う」という思いを抱いて未来に進んでみませんか。その覚悟ができたら、これからの見え方が変わってくるはずですよ。
 意気投合した両親の元に生まれた私ですが、実は疎外感を持っていました。でも、見方を変えたら、私が勝手に疎外感を抱いていただけでした。物事に感情をつけているのが自分だと知り、ポジティブな感情をつけるように変えたら楽に。まだまだ修行中です。今回もありがとうございます。

今週の指南役

野中香奈子
コミュニケーション教室スマイルカラー主宰。才能カラー心理学考案。看護師。笑いと言葉、色の効果で良好なコミュニケーションを育む講座を開講。

女性のお悩み募集中!

小さなことや人には言えない事も…相談してみませんか?各分野の専門家がお答えいたします!
採用された方にはクオカード1,000円分 プレゼント!!
下の応募フォームの項目に全て入力して、「送信」ボタンをクリックしてください。

※本名の記載がない場合はクオカードをお送りできませんのでご了承ください。
なお、本名はクオカードの送付のみに使用し、それ以外の用途には使用いたしません。