おんなの指南書

オンナの指南書

うつ病の妹から度重なるお金の無心 姉として自立を願いながらも見捨てられず…

33歳で既婚、子供は早めにほしいです。すぐ近くの実家にはうつ病の妹(29歳)と父親がおり、母親は他界しています。妹と父親は反りが合わず、妹は働けないとのことで私にお金を無心してきます。妹には自立してほしいですが、姉として切り捨てられず困っています。(33歳女性)

心を鬼にして、お互いが自立の一歩を

妹さんを思いやる気持ちもわかりますが、もう結婚されて所帯も別。あなたが、あなたの人生やあなたの家族のことを中心に考えて人生を歩まないと、今度はあなたとご主人との反りが合わなくなってしまいますよ。妹を見捨てられないために、せっかく巡りあったパートナーを見捨てますか?お子さんをあきらめますか?時代は動いていて、いつまでも幼い姉妹のままではいられないのですよ。あなたが心を鬼にすることが妹さんの自立の一歩であり、あなた自身の自立でもあります。「もう貸せるお金はない。あなたからの無心が知れたら私の家庭が壊れてしまう」と勇気を出して伝えてみて。姉思いの妹さんなら、姉の幸せを大切にしてくれるのではないですか。
私自身もうつ病の経験があり、すべてから逃げたくなった時もありました。でもそれは言い訳であり、”自分が心地よくあるためには自分が行動するしかない”と今になってよくわかります。一人で生きていかなければいけないことを知ると、人は一人で生きているわけではないことを実感します。あなたと妹さんが、自分の人生の一歩を踏み出すことを応援しています。ありがとうございます。

今週の指南役

野中香奈子
コミュニケーション教室スマイルカラー主宰。才能
カラー心理学考案。看護師。笑いと言葉、色の効果で良好なコミュニケーションを育む講座を開講。

女性のお悩み募集中!

小さなことや人には言えない事も…相談してみませんか?各分野の専門家がお答えいたします!
採用された方にはクオカード1,000円分 プレゼント!!
下の応募フォームの項目に全て入力して、「送信」ボタンをクリックしてください。