おんなの指南書

オンナの指南書

もっとこうすればよかった…と、いつも後悔ばかり どんな考え方をすればいい?

しっかり検討して決断しても、あっちを選んでいたら、もっとこうしていたら…などと考え、いつも後悔してしまいます。考え方のアドバイスをお願いします。(45歳主婦)

自分を愛し、受け入れることから始めよう

 人生は選択の連続で片道切符です。どの道を選んでもその先にはまた何通りもの選択があります。「人事を尽くして天命を待つ」という言葉があります。人としてできる限りのことを尽くしたら、あとは静かに天の意思に任せるという意味です。自分で出した選択は、自分の意思ではどうにもならないような大きな力で定められていると考えられるでしょうか。どんな結果が出ても、すべては自分を受け入れることができるかどうかなのです。誰でも失敗はあります。ありのままの自分を受け入れ、愛することを始めてみませんか。
 自分を受け入れるのが難しいと感じるときは、「ありがとう」と感謝を伝えるよう心掛けましょう。ボランティアに参加してみるのもいいですね。人に感謝するようになると幸福度が上がり、やがては周りからも感謝され、少しずつ自信がついてきます。別のアプローチとしては、迷いが出たときにどうするか、前もって判断基準を用意しておくのもおすすめです。たとえば「困難な方を選ぶ」や「長期的に見て健全な方を選ぶ」などです。
 自分で自分を責めても誰も幸せになりません。しかし、あなたが幸せになれば、あなたの周りの人々も幸せになります。成功も失敗も、自分のすべてとして認めて愛し、幸せの輪を広げていきませんか。

今週の指南役

白石裕子
(株)夢をかなえる研究所代表。人の一生涯のキャリアをサポートする体験と学習を提供。ヒューマンスキルの一つとして、個人向けや社員研修向けのアンガーマネジメント講座も開講。

女性のお悩み募集中!

ただいまオンナの指南書の相談は受け付けておりません。