SUNDAY

北九州・山口・福岡エリアを中心にグルメ・美容・スクール・旅行などの生活情報を発信するサンデーポータル
今週のプレゼント
ゆるキャラグランプリ/さんまるちゃん
サンデー新聞のゆるキャラ・さんまるちゃんインスタグラム
サンデー通販
記事を探す

オネエなキッチュのファッションコラム

ちょっとの手間でメイク上級者に

KB0919

眉毛を描く際、鉛筆タイプは線が太く濃くなりやすいので、上下にあるタイプのアイブローペンシルを使うと上手に描けます。描く時は一直線で描かずに毛を一本一本生やすイメージで描くと成功しやすいですよ。
前回に引き続き今回もメイクのお話。ただ、今回は塗り方などに関するお話です。
まずは口元。ここにはミルフィーユリップという方法をオススメします。これはミルフィーユの様に重ねる塗り方で、塗る→ティッシュオフ→塗るという風にしていきます。この時に気を付けて欲しいのがティッシュオフは唇の上にティッシュを乗せて軽く押さえるだけにしましょう。よくやりがちなティッシュを挟む方法は、かなりの量の口紅が落ちてしまうのでNGです。
ミルフィーユリップにすると、カップなどに口紅が付きにくくなったりします。また、お食事などをしない限り、ある程度キープが出来るので、付けている時と落ちた時の変化が目立ちにくくなります。
次に気を付けるべき点は眉毛。眉ペンシルで全体を描くと眉毛と描いた線が馴染まないという事も。
眉毛を描くのが苦手な方にオススメは輪郭だけペンシルで描き、アイシャドーに使うカラーなどで隙間は埋めていくという方法。そして、その輪郭はスクリューブラシで少し馴染ませると失敗がないです。
最後にフェイスパウダーですが、付属のパフで付けるよりブラシで付けてあげるとより柔らかく、ふわっと薄付きになってオススメです。
ほんの少しの手間や技を知るだけで、メイクの仕上がりはぐっと変わってきます。是非お試しあれ。
キッチュ

ビューティーカウンセラー キッチュ

北九州のオネェなビューティカウンセラー。約300人以上のプロデュースを行ってきた美のスペシャリスト。人のもつ「素敵」を引き出すサロン『Kitsch b』にてファッション、美容、メンタルケアを行なっている。
kitsch b 店内
Kitsch b(キッチュビー) 090-4580-2420
住所 小倉北区砂津3-4-4ウィングス砂津303
営業時間 10:00〜18:00  定休日 日・月曜日
URL http://www.kitschb.com/
関連記事はコチラ