SUNDAY

北九州・山口・福岡エリアを中心にグルメ・美容・スクール・旅行などの生活情報を発信するサンデーポータル
今週のプレゼント
サンデー通販
記事を探す

オンナの指南書

オンナの指南書

待望のわが子の誕生なのに… 自由がほしいと思うのは、母親として未熟だから? 

 病気を乗り越え、待望の男の子が生まれました。日々の成長に喜びを感じ、夫も子育てに協力的ですが、寝不足が続いたり生理前にはイライラしたりして夫に八つ当たりしてしまいます。また、一人になりたい、自由がほしいと思ってしまいます。母親は子供優先というイメージが強いのですが、自由がほしいと思うのは母親としての意識が低いからでしょうか?(33歳女性)

心の声に耳を傾け、自分の時間も大切に

病気を乗り越えてのご出産とのこと、喜びもひとしおだったことでしょう。生理前のイライラ、私にも経験がありよくわかります。生理前はホルモンのバランスが崩れてイライラしがちです。これはあなたの意思で変えられますか。変えられないなら現状を受け入れ、気が紛れることをしてみる、病院で薬を処方してもらうなど、現実的な対処を考えてみてはいかがですか。睡眠不足についてはどうでしょうか。私は子どもが寝ている間に家事をすましていましたが、睡眠不足と過労で体を壊し入院してしまいました。必要最低限の睡眠を確保するためにも、子どもが寝ているうちに自分も少し休むことも必要です。
 あなたはもしかすると、“母親は子ども優先であるべきだ”という考えを強くお持ちですか。その考え自体は決して悪いことではありませんが、あなた自身が持つ“べき”にしばられ、イライラを募らせたり、睡眠時間を削ったりしているのだとしたら問題ではありませんか。自身の心の声に耳を傾け、無理がこうじる前に休むようにしてもいいのではないでしょうか。自分の時間が持てるように、ぜひパートナーに相談してみましょう。

今週の指南役

白石裕子
(株)夢をかなえる研究所代表。人の一生涯のキャリアをサポートする体験と学習を提供。ヒューマンスキルの一つとして、個人向けや社員研修向けのアンガーマネジメント講座も開講。