SUNDAY

北九州・山口・福岡エリアを中心にグルメ・美容・スクール・旅行などの生活情報を発信するサンデーポータル
今週のプレゼント
サンデー通販
記事を探す

オンナの指南書

オンナの指南書

そろそろ結婚したいのに… 男性と食事をしても次のステップに進めない…

 結婚を意識し、パーティーや飲み会に参加しています。 男性と食事をするまでにはいきつくのですが、その後が続きません。(36歳女性)

肩の力を抜き、幅広い選択肢を楽しんで

 結婚はオンナにとって永遠のテーマですよね。ある結婚式で神父様が「男女の出会いは神からの贈り物」とおっしゃっていて、感銘を受けたことがあります。しかし、神様からのギフトを座して待つわけにもいかず、我々オンナにもできることがあるはず。
 ①理想を捨てる!…結婚は生活を共にするわけですから、現実を見なければなりません。男性の気に入らないところを見つける以前に、ご自身は「理想の女性」なのか考えてみましょう。自身を振り返ると、相手にも多くを期待できなくなり、男性への厳しい目線が穏やかになって男性も近づきやすくなるかも。②「結婚したい」オーラを消す!…あなたの「結婚したい」オーラが見えてしまい、男性は次のステップに進めないのかも。そこで、「結婚?興味ない。一人が気楽よ~♪」くらいのスタンスでいると、男性が気を許して友達から入りやすくなるかもしれません。③「理想の女性」になる!…これはもう、私が言う資格はまったくないのですが、肩の力を抜いて、笑顔で、すてきな女性であること。そして相手に「与える女性」であること。そこへ引き寄せられる男性はどんどん現れるはずです。
 最後に。結婚は法律上の一つの形態であって、それがすべてではないように思います。離婚するカップルも年々増加しています。今や人生の選択肢は幅広く、結婚にこだわらない人間関係が楽しいこともたくさんあります。ふっと肩の力が抜けて解放された時、神様からの出会いはきっとありますよ!

今週の指南役

南谷敦子
南谷綜合法律事務所代表弁護士。九州大学法学部卒。平成11年弁護士登録。福岡県労働委員会公益委員をはじめとした様々な委員も務める。